水処理・電力・水害対策など、あらゆるインフラに関わるエンジニアの為の技術メディア

HOME インフラのプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

よくある質問 / FAQ

インフラ技術ナビへ よくある質問

小水力発電向け除塵機の製作における注意点を教えてください。

小水力発電向け除塵機の製作における注意点は、耐久性と運転方法で

耐久性:耐食性・溶接性に優れたSUS304は、摺動部、水没部、ガイドローラー転がり部、チェーン及び塗装な困難な部分に使用することで、除塵設備の耐久性を向上させます。

運転方法:大きく分けて機側運転と遠方運転に大別されます。機側運転では除塵機が設置されている場所で手動による操作を行い、遠方運転では管理所等からの操作を可能とします。その他、自動運転としてタイマー設定による運転・水位差運転がございます。当社の除塵機にはこのような機能が標準的に具備さえております。

除塵設備

関連する質問

40年前に設置した除塵機が経年劣化してしまったので、新規の除塵機にリプレイスをお願いしたいです。

既存設備の設計条件等をご教示いただければ、既存を満足できるスペックを御提案致します。その他、付属設備として故障時の通知通報システムやカメラ監視システムも御提案可能です。

除塵機が故障してしまうとどのようなトラブルが生じますか?また除塵機が故障したときはどのような対処をすればよいですか?

水力発電用の除塵機がトラブルにより運転できなくなると、発電停止となり、莫大な溢水電力(損失)が発生します。 また故障と思われたら、緊急体制の整ったメンテナンス会社へ連絡する事をお勧めいたします。 近年は部品類もある程度の調達期間を要するため、通常メンテナンスと共に予防保全をお勧めいたします。

水門の開閉時間はおよそどれくらいのスピードですか?

0.3m/minが標準的な速度となります。

ラック式の水門開閉装置の製造はできますか?

スピンドル式・ラック式の開閉装置は現在購入品扱いとなります。

水門の開閉装置の製造実績はどれくらいありますか?

ワイヤーロープ式開閉装置は、自社で設計~製作しており、電力会社様を中心に数多くの納入実績がございます。昭和50年代~現在に至るまで、時代ごとに必要とされる水門や開閉装置を製造して、日本国内のインフラを支えてまいりました。

水門の設置を予定していますが、設計からお願いできますか?

設計はもちろんのこと、仕様確認&ヒアリング、製造・検査、出荷・納品、現地据付工事まで一貫対応しております。

どれくらいのサイズ・重量の水門まで製作可能ですか?

一体構造であれば、特殊車両で輸送できる範囲でしたら製作可能です。(幅:2.5m 長さ:5m程度) 
また分割構造であれば、1ブロックの重量が工場内の20tクレーンで吊り上げることが出来る重量でしたら、特に制限はございません。

ゲート開閉装置はどのような仕組みで動く装置ですか?

様々な種類がございますが、扉体を吊ったワイヤーロープをドラムで巻き取り、扉体を開閉する仕組みがゲート開閉装置の仕組みとしては主流です。その他、ラック棒で連結し、ピニオンとラック棒との噛み合いによって開閉する方式や、スクリュースピンドルで連結し、スピンドルの昇降運動、または、回転力を与えて扉体を開閉する方式がございます。

走行式除塵機の設計業務があるのですが、貴社で設計協力は可能でしょうか

設計業務のみのご協力はお請けしておりません。除塵設備の製作時は、設計段階から対応いたします。

降雨時ヤード内にある側溝に雨水と共に木質チップが流れ、ヤード内の槽へ流入してきます。槽内にはストレーナ(固定式)を設けていますが、チップが滞留して目詰まり状態になり、現在は人力でチップの掬い上げストレーナ清掃を実施しています。この槽入口部分に、電動で木質チップを回収できる除塵機の設置を設置したいのですが、設置可能でしょうか?

バースクリーン式除塵機 目幅15mm程度のラインナップであれば、木チップも掻き揚げ可能と考えます。
その他、ネット式除塵機もございますが、木質繊維状の塵芥はネットに絡んでしまい、故障の原因となってしまうため、お勧め致しかねます。

よくある質問一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。