水処理・電力・水害対策など、あらゆるインフラに関わるエンジニアの為の技術メディア

HOME インフラのプロに相談する ノウハウ資料無料ダウンロード

よくある質問 / FAQ

インフラ技術ナビへ よくある質問

他社製の除塵機のメンテナンス、パーツ交換をお願いできますか?

はい、可能でございます。除塵機の図面をいただければ、それに応じて対応させていただきます。図面がない場合は現地調査の上、判断させていただきます。

除塵設備

関連する質問

除塵機関連で生じるトラブルの原因は何ですか?また、トラブル防止のための対策方法を教えてください。

お問い合わせいただくトラブルとしては、

・チェーンの緩み
・チェーンの破断
・モーターの焼き付き
・コンベアの詰まり
・騒音 
 
 といったものがあります。
定期的なメンテナンスの他にメーカー点検を加えていただきますと、さらにトラブルが起こる可能性は低減できるといえます。

除塵機で回収されたゴミは、どのように処分されますか?

掻き揚げられた塵芥は、「廃棄物処理法」に基づき、排出事業者が処理責任を負うこととなっております。また、処理過程で脱水等の減量化を行い、安定した状態で処分地へ搬入するなど、廃棄物の減量その他適切な処理について、地方公共団体の施策に協力することが義務付けられております。

小水力発電向けに無電源式の除塵機を検討したいのですが、実績はありますか?

はい、小水力発電向けの無電源式除塵機の導入実績もございます。
電気が無いところへどうしても設置したい、毎月のランニングコストを削減したいというご要望から納入させていただきました。

小水力発電機向け除塵機だけの依頼は可能ですか?

はい可能です。
除塵機の設計~製作~現地工事には自信を持ってお応え致します。他にも水門・鉄管・スクリーンと小水力発電に関わる金物も得意としておりますのでお問い合わせください。

小水力発電向け除塵機は一般的にどれくらいのサイズになりますか?

小水力発電向け除塵機については、一般的に幅が2mのサイズが多くなります。

当社で扱う除塵機の型式は、大きく一体型と現地組立型に分けられます。また、トラックの積み荷幅が2mまでとなるため、2m未満であれば一体型で輸送して現地でそのまま設置することができるため、コストパフォーマンスが良くなります。

小水力発電向けの除塵機では、コストパフォーマンスの良い一体型を当社では多くご提案させていただいております。そのため、水路幅を2m未満に設計いただくと、コストパフォーマンスのよい除塵機の導入が可能になります。

小水力発電向け除塵機をお願いしたいのですが、どのような情報を事前にご提供すればよいでしょうか?

御見積・御提案をさせていただくには以下の諸元をご提供ください。
①水路幅×水路高
②使用水量
③設計水深・設計水位差
④塵芥量
⑤塵芥の種類
⑥電源の有無・種類
⑦付帯設備 等

コンベヤやコンテナ、ホッパー等の除塵機に付属する製缶加工品もお願いできますか?

はい承ります。コンベヤも水平・傾斜と種類がござます。
また、ホッパーもカットゲート式・低板スライド式等、各種取り揃えております。お気軽にご相談ください。

除塵設備はどのような設備で構成されますか?また、ヤマウラ様では除塵設備すべてを一貫対応していますか?

除塵設備とは、スクリーン・除塵機・搬送設備・貯留設備・付帯設備(建屋・凍結防止装置)・電気計装設備で構成されます。当社ではお客様のご要望を聞き取り、現地に合った最適な除塵設備を御提案しております。

自動除塵機のメーカー選定に悩んでいますが、どのような基準でメーカー選定すればよいでしょうか?

設置場所や除塵機の型式等で各メーカー特徴がございます。各社のホームページ等を検索いただくか、もしくはお問い合わせいただければと思います。

自動除塵機とはどのような除塵機ですか?

自動除塵機=自動運転と解釈した場合、ある設定された条件が整った場合に自動的に除塵設備を運転する操作方法となります。設定条件としては、水位、水位差、運転・停止時間などがあります。

よくある質問一覧に戻る

 関連リンク

「高品質」「顧客満足度の向上」をモットーとして、さまざまなサービスを展開しています。